【トヨタ・ハリアー】旧型と新型のサイズ比較!他のSUVとも比較してみました!

下取りをお願いするのは
無料一括査定がおススメなんです!

ディーラーでは
30万円の下取りが
買取業者では
80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

愛車を賢く・高く
売るなら一括査定
オススメですよ。

マイナーチェンジでリフレッシュされた新型ハリアーは、旧型とどう違うのでしょうか?

また、他の同クラスSUVと比べるとどうなんでしょう?

そこで、車種選びにおいて気になる新旧の違いと他車との比較を、ユーザーの感想も含めてご紹介しましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

【トヨタ・ハリアー】価格・大きさ・性能など

車両価格の新旧の比較では現行モデルのハリアーは、エントリーグレードの「2.0L ELEGANCE 2WD」が2,949,480円同ハイブリッド車が3,774,600円となっています。

マイナーチェンジ前の旧型では、「2.0L ELEGANCE 2WD」が2,800,000円同ハイブリッド車が3,670,000円となっていて、それぞれ149,480円、104,600円の値上げとなっています。

また、旧型に「ELEGANCE」の下位に設定されていた安価グレードの「GRAND」が、新型には設定されていないために、実際には20万円前後の値上げと見えるでしょう。

それでは新型旧型に対してどこが変わったのか、この値上げ分相当の変更があるのかを見てみましょう。

全長4725mm、全幅1835mm、全高1690mmというサイズや、2.0Lで16.0㎞/L、ハイブリッドで21.4㎞/Lという燃費などの各種性能に関しては変更はありません。

グレードでは2.0L直噴ターボ車が加わり、また「GRAND」が廃止となり、「 ELEGANCE」がエントリーグレードとなっています。

その他の変更点では、内外装のデザイン変更や材質の見直し、そして「Toyota Safety Sense P」の機能向上や、流れるウインカーのLEDシーケンシャルターンランプが装備されています。

次に他の車種との大きさと価格を比較して見ましょう。

各車の車両価格比較

引用:http://www.media.mazda.com/CGI/Access/search/search.cgi

引用:https://library.mitsubishi-motors.com/contents/CCG31021Init.do

トヨタハリアー:2.0L:2,949,480円~、2.5Lハイブリッド:3,774,600円~、2.0Lターボ3,380,400円~

マツダCX-5:2.0L:2,494,800円~、2.5L:2,689,200円~、2.2Lディーゼル:2,808,000円~

日産エクストレイル:2.0L:2,197,800円~、2.0Lハイブリッド:2,589,840円~

三菱アウトランダー:2.0L:3,083,940円~、2.4L: 3,356,100円~、PHEV:3,939,840 円~

ホンダCR-V:1.5Lターボ:3,230,280円~、2.0Lハイブリッド:3,784,320円~

価格に関しては、2.0L車、

ハイブリッドともにライバルに比べて割高なのは、プレミアムSUVとしての宿命ですが、ターボ車が加わったことで価格競争力がアップしています。

2013年に登場した3代目となるハリアーは、プレミアムSUVとしてさらなる進化を遂げています。 特に内装においては、高級セダン顔負けの...

各車のサイズ比較

引用:https://news.honda.co.jp/search/index.php?lang=ja&search_str=CR-V

引用:https://news.honda.co.jp/search/index.php?lang=ja&search_str=CR-V

トヨタハリアー:4725mm/1835mm/1690mm

マツダCX-5:4545mm/1840mm/1690mm

日産エクストレイル:4690mm/1820mm/1740mm 

三菱アウトランダー:4690mm/1800mm/1710mm

ホンダCR-V:4605mm/1855mm/1680mm

サイズでは全長はハリアーが最も長く、他は平均的な数値となっています。

プレミアムSUVの先駆者として人気を博している『ハリアー』 高級SUVとしての地位を確立したハリアーですが、いったいお値段はいくらなの...
ミドルクラスのSUVとしても大きめなサイズのハリアーですが前席はかなり広めで運転がしやすそうですが、後部座席の乗り心地はどうなのでしょうか?...
スポンサードリンク

【トヨタ・ハリアー】燃費・乗り心地・人気など

引用:https://toyota.jp/harrier/interior/comfort/

燃費はどうでしょうか。

ハリアーは2.0L車は16.0㎞/Lハイブリッド車は21.4㎞/Lそして新たに加わったターボ車が13.0㎞/Lとなっています。

ライバルの燃費を見ると、CX-5の2.0L車が16.0㎞/Lでハリアーと同数字、2.5L車が14.8㎞/L、クリーンディーゼル車は19.0㎞/Lとなっています。

エクストレイルは2.0L車が16.4㎞/Lでハリアーを上回り、ハイブリッド車は20.8㎞/Lとなります。

アウトランダーは2.0L車が16.0㎞/Lとハリアーと同じ、2.4L車が14.6㎞/L、そしてPHEV は18.6㎞/Lですが、これに65.0 kmのEV走行距離が加わります。

CR-Vは1.5Lターボ車が15.8㎞/L、ハイブリッド車は25.8㎞/Lハリアーを大きく上回っています。

燃費に関しては、2.0Lのガソリン車はどの車種も横並びでハイブリッド車はその採用するシステムによって差が出ています。

特に新型のCR-Vハイブリッドは、これまでハリアーが譲らなかった低燃費性能クラストップの座を奪う驚異的な数値であることが注目されます。

また、SUVで唯一のPHEVを設定するアウトランダーは、燃費性能に現れない経済効果が期待できます。

このような強力なライバルの中、マイナーチェンジで生まれ変わったハリアーであっても、厳しい状況になっています。

最強のSUVはやっぱりハリアーってことは、見た目やインテリアだけじゃなくて燃費も最高・・・いや最強でしょ? 今回は、高級感溢れるハリア...

ハリアーの乗り心地

乗り心地では、ハリアーはオンロードでの快適性を目指しているためにSUVとしては柔らかめであり、SUVファンとしては物足りないという意見もありました。

しかし、最近のクロスオーバーSUVも一時期の4WD主体のハードなものからFFがメインの街乗りに適したソフトな乗り心地に変化しています。

それでもエクストレイルやCX-5などは堅めという印象が残っています。

スペックや燃費や外観等・・・。車購入の決め手はいっぱいあるけど 一番大事な事。それは『安全性能』 ドライバーだけじゃなく、乗って...

スポンサードリンク

【トヨタ・ハリアー】まとめ&口コミ

2013年のデビューから5年となるハリアーにとって、最新モデルとの燃費比較では不利ですが、それでもトップクラスの燃費性能を保っているのはさすが。

しかし、このカタログ数値はハイブリッド車が有利とされるJC08モードであるため、新型車から続々採用されているWLTCモードでの落ち込みが気になります。

口コミでは

「思ってたよりいい燃費でした。」2.0L

「車体の割には良い、カタログ燃に近い事には満足」2.0L

「100km/h前後で走ってもバッテリー残量はかなり残っていて、60km/h前後はEV走行できた。」ハイブリッド

「SUVでリッター17~18キロはいけるので充分です」ハイブリッド

というように、燃費に関しては評価は高く、特にハイブリッド車は高評価となっています。

価格に関してはプレミアムな設定のため、割高ではありますが、最近はミドルクラスのSUVも300万円オーバーが珍しくなくなっているために、ハリアーが特別高いとは思えなくなっています。

また、これらはそれぞれの車種が持つパフォーマンスの違いがあります。

燃費で最も低いCR-Vの1.5Lターボも、その動力性能においては高い評価を受けており、アウトランダーPHEVの燃費も比較不可能な能力を秘めています。

さらに、スバルの新型フォレスターや三菱からはエクリプスクロスが登場するなど、ライバルの攻勢も見逃せません。

引用: 中古でも良いからハリアーが欲しい! そんな方に必見なのが、中古車の相場情報。 どうせクルマを買うなら、少しでも安く...
ハリアーを新車で買おうとする場合、一番重要なポイントはやはり値引きですよね? 値引きの相場額や平均額はいくらくらいなのか。 いつ...

【ハリアー】が50万円も安く買える方法を
お教えします!!

クルマを下取りに出すときに、得をする方法ってご存知でしょうか?

皆さん、結構知っているようで実は知らない人が多いんです。
その方法とは純粋に「今乗っているクルマを安く売らない」ということです。

では、皆さんは自分のクルマを売るときっていつですか?それは新しくクルマを買う時ですよね?

その店のディーラーに下取りの出すケースがほとんどだと思います。

しかし、それは大きな間違いなんです。

なぜか?

それは、貴方が今乗っているクルマの相場はディーラーには最低金額で下取りされるからなのです。

ディーラーにもそのクルマの価値が分かっていない人が多いのです。

例えば新車を400万円で買おうとしたときに、自分のクルマが120万円で買い取りされたら、残り280万円で済みますよね?

でも大抵が50万~60万円(中には30万円というところも…。)という金額にしかならないんです。

簡単に言うと、【その店が貴方のそのクルマを必要としていない】からなんです。

だから、車を売るときは、色々なところに査定してもらって、一番欲しがっているお店に売ることがベストなんです。

そうすることによって、高く買い取ってもらえるのです。

ここで使うのが『無料一括査定』なんです。

新車を買う時に、値引きの金額に買取り価格を足して、最大で50万円は安く購入できますよ。

私はこのやり方で、350万円の新車を90万円で購入した友人を知っています。

私自身も250万円の新車のクルマを120万円で購入できました。

ぜひこちらから試してみてくださいね。☟

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク